面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

面接突破のための8つのメソッド

志望会社の研究

あなたが希望する会社の概要について調べる事は面接を受けるにあたって最低限行っておかなければならないことだと思ってください。志望会社の概要を調べるのはホームページなどから比較的簡単に調べることができます。

ポイントとしては資本金、社長や創業者の名前、沿革、事業内容、最近の業績、経営理念、社風、会社の特徴、得意分野、逆に苦手な点(例えば魅力的な商品があるにも関わらず業界トップでは無いにはどのような理由があるのか、等)、経営課題、これらに加え、あなたがその会社に抱くイメージと社会的なイメージも捉えておけば良いでしょう。これらのことを下調べせずに面接に臨むということは入社意欲が低い、あるいは全く無いと判断されてしまいます。またその会社や社風に魅力を感じているならその会社について知りたいと思うのは当然の事です。(逆にそのぐらいで無ければ面接を受けるだけ無駄かもしれません)

もちろん、その会社の研究をするということは一朝一夕で出来ることではありません。特に社会的評価などは正当な評価であるとは限りません。様々な情報から、自分の眼で見て耳で聞いた情報が必要です。また確認しなければならないことは沢山あるでしょう。そしてもしあなたが、ブランドイメージに左右されやすいならそれは注意しなければなりません。

世の中にはノンブランドであってもすばらしい商品や技術を持った会社は沢山存在します。また会社名は無名でも世界のトップシェアを誇る商品を開発、製作している会社もあります。それらはもしかしたら中小企業であるかもしれません。調べるうちにあなたの興味もどんどんと今まで知らなかったことへと向かうかもしれません。しかしそこで躊躇は無用です。あなたのこれからの人生を共に送る企業ですから、自分が惚れ込むぐらいでちょうど良いのだと思いましょう。