面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

面接時のマナーについて

好印象をもたれる態度

好印象をもたれる態度。。。これも細かいことですね。ですが、会社に行って取引先や顧客等社内の人間以外と接しなければならないケースは必ず出てきます。サービス業や接客業では必須のスキルだといっても良いでしょう。

ではこれからどうすれば好印象を持たれるかを説明していきます。かなり細かいことも多いですが、きちんと会得すれば面接時には必ず有利に働きます。頑張って身に付けましょう。

会話をする時に笑顔で元気の良い人は相手に必ず良い印象を持たれます。良い印象を持たれれば話やすく信用に足る人物だと相手は勝手に判断します。面接という限られた時間内で好印象を持たれるためには笑顔と元気の良さが決め手となります。笑顔が自然に作れることは大きな武器になります。しかし折角の笑顔も苦笑いや作り笑いなど不自然な笑顔では逆効果です。笑顔とにやけた表情は違うと心得ましょう。自然な笑顔を作るには普段から笑顔を心がけておくことが必要です。いざと言うときに自然な表情が出来るというのは殆ど条件反射みたいなもので、付け焼刃では絶対に無理な事です。

笑顔を作るトレーニングで効果的なのはイメージトレーニングです。あなたはどんな時にうれしくなりますか?どんな時に笑っていられますか?お笑い番組やコメディドラマを見て笑える人はどんどん笑いましょう。また悲しい映画や本を読んだ時はどんどん泣きましょう。そうすることで表情筋は柔軟になり自然な表情が作りやすくなります。自分の心に素直になることが出来ればパーフェクトです。

また好きな人、尊敬できる人から褒められれば嬉しいですね。あなたは普段どれだけの時間他人と接しているでしょうか?面接官も人間です。またこれから入社しようとする会社では上司に当たる人間です。初対面でもあなたはその会社について調査したのですから、面接官もまたその会社にとって重要なポストを担っているのです。そう思えば面接官にも自然と尊敬の念が生まれるでしょう。相手を敬う時笑顔は自然とこぼれるものです。

先ずは笑顔のトレーニング、これは欠かさないで下さい。また下を向いて喋る、自分の手を見ながら喋る、髪の毛を触りながら喋る、貧乏ゆすりをする、椅子に浅く腰掛ける、足を組んで座る。。。これらは面接時に絶対やってはいけない事です。癖は今のうちから直しておきましょう。