面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

面接時のマナーについて

おじぎ

おじぎにもいくつか種類があります。「会釈」は軽いおじぎ、「敬礼」は最も一般的なおじぎ、「最敬礼」は最も丁重に行われるおじぎです。面接会場でもおじぎを使い分ける必要があります。

廊下やロビーで他人とすれ違う時は会釈をし、面接会場内では敬礼をしましょう。シーンによって自然と会釈と敬礼を使い分けられるように練習しておくと良いでしょう。

それではそれぞれのおじぎのやり方を解説します。

会釈は上半身を約15度倒しておじぎをします。これは畏まらない軽い挨拶程度の時に行われるおじぎです。

敬礼は上半身を約30度倒して行います。面接やオフィシャルな場所など畏まった場所で行う一般的なおじぎです。面接の時には敬礼をする場面として4つのシーンが想定されます。まずは面接室に入室する時、椅子に座る前、面接が終わって立ち上がった時、面接室から退室する時、以上です。

これ以外の面接中に面接官に対して謝辞を示す時などは会釈の方が適しているので、場面によって使い分けられるようにしておきましょう。

最敬礼は恩人にお礼するときや、何かトラブルを起こしてお詫びの時に行う最も畏まったおじぎです。最敬礼は上半身を45度倒して行います。実際に面接の場で最敬礼を行うようなことは滅多にありませんが、今後社会人として是非身に着けておきたい所作ですから、会釈や敬礼と同じように練習しておくことをお勧めします。

お辞儀のやり方のポイントは、直立不動の状態から、相手の顔を正面から見据える、首や背筋がぶれないようにゆっくりと上半身を倒す、上半身を倒したらその状態で一呼吸置く、これでお辞儀の流れにメリハリがついて美しい所作になります。ただし、呼吸を置く時間が長すぎるとわざとらしくなってしまうので注意しましょう。一呼吸置いたら今度は倒したときよりもゆっくりと上半身を起こします。会釈と敬礼と最敬礼は上半身を倒す角度が違うだけで、一連の流れはこの通りで行えばよいでしょう。ただし最敬礼の場合だけは倒した後、しばらくの間その姿勢を保つようにします。逆にみっともないお辞儀の例を紹介しましょう。

お辞儀一つで相手に与える印象はがらりと変わります。悪い例もきちんと把握しておきましょう。まずは上半身を倒さずに頭だけを下げるおじぎです。軽薄な印象を相手に与えてしまいます。次は猫背のままするおじぎです。だらしなく見えます。3つめは上半身を倒すときに目線を下げずに相手を見たままおじぎをする、です。相手への敬意が見られません。以上のことを注意して正しいおじぎをマスターしてください。