面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

集団面接

心構え

面接と言われてまず思い浮かぶのはあなたが希望する会社の一室で、数人の面接官に対しあなた一人で向き合う場面ではないでしょうか。これは個人面接と呼ばれる形式です。しかし、現在では集団面接を行う企業も増えてきました。

面接通知が届いたら先ず、個人面接か集団面接なのかを確認しましょう。もし、集団面接だった場合、一般集団面接か自由討論式集団面接か、またはディベート式なのかを形式を確認しましょう。自由討論式かディベート式であれば、討論するテーマが通知に記載されているはずなので、そのテーマについて予習することを忘れないで下さい。

面接通知が届いた段階からライバルとの戦いが始まっています。集団面接には一般集団面接と自由討論式集団面接とディベート式の3種類がありますが、どの面接形式でも面接当日、面接官はあなたと同席する他の面接希望者とを比べています。では、面接官がどういう点に注目しているかをお教えしますので、心構えとして覚えておいてください。そして必要ならば練習しておきましょう。

まずは基本的なマナーです。これは必ずチェックされているので当日までに姿勢のチェック、話し方などの練習をしておきましょう。また当日はこの時点で面接担当者から好印象をもたれなければ採用の可能性は無くなると思っていてよいでしょう。ですから面接当日は入室前からライバル達を確認し、再度姿勢などは入念にチェックしておくようにしましょう。そして企業側のチェックは入室前からすでに始まっていると心得ましょう。順番待ちをしている間、椅子が無いからとだらしなく腕を組んで壁に寄りかかったり、床に座るようなことではいけません。大声で笑ったり話たりするのもご法度です。

会場のレイアウトは大体面接官が窓を背にして面接希望者と対峙するような形式が多いものです。このレイアウトだと面接官側から面接希望者の表情や態度が良く見えるという理由からです。集団面接は面接希望者にとって大きなストレスを与えます。面接会場に入る直前に深呼吸をするなどして緊張感を解きほぐしておきましょう。