面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

女性志望者への質問例

管理職になる覚悟または自信は?

女性であるあなたに管理職になる意思を問うてくるのは、あなたが総合職への就職を希望している場合が多いでしょう。したがってここではあなたが総合職を希望しているという前提で話を進めていきます。

まず第一に総合職を希望するのであれば、あなたは出世への意欲が高いことを訴えるべきです。男女問わず管理職にはそれ相応の資質が必要です。仕事の能力はもちろん、管理能力も必須です。それらが認められて初めて昇進することが出来るのです。管理職を得るのはあなたの能力次第なのです。また仕事への成果が第一に求めれらるのが総合職です。そしてその成果こそが出世への道筋なので躊躇することなく昇進への意欲が強いことを面接官にアピールしましょう。

この質疑応答のポイントはまず、回答は明確に「はい、あります」で良いでしょう。次にあなたには責任をもって仕事をする意欲があると主張しましょう。また男性社員とのわだかまりを解決する方法もちゃんと考えておきます。なぜなら実社会では女性を上司に持つことを快く思わない男性社員が多く居ます。男のプライドに関わると内心思っている風潮は根深く残っているのです。それが女性管理職を目指すときに大きな障害になってしまいます。しかし、はじめからそのことを懸念していてはあなたの仕事への意欲を疑われてしまいます。しっかりとそういった場面を想定した回答を準備しておく必要がありますね。面接では与えられたチャンスをモノにしたいという管理職への意欲をちゃんとアピールしましょう。