面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

志望動機

志望動機で合格する人

志望動機で合格できる人?そんな人がいるのでしょうか?しかし、志望動機は面接官が最もしりたい回答の一つです。という事は志望動機で面接官の心の琴線に触れることは非常に効果的なのです。

ここでちょっと極端ですが、オリジナリティあふれ、インパクト抜群の面接を行った人の例をあげてみましょう。これは結構有名な話です。ただし、念のために前もって断っておきますがこれを真似すれば良いというわけではありません。そこだけは十分承知してください。

それはあるビール会社の面接の時でした。その面接希望者は面接官の質問には一切回答せずにいたそうです。あまりの態度に業を煮やした面接官が「君はなぜ質問に答えない!」と叱責した所、面接者は何も言わずに面接官に背を向けて上着を脱ぎだしました。あっけにとられる面接官を尻目に彼が上着の下に着ていたのは「男は黙って○○ビール!」と言うそのビール会社の当時のCMのキャッチコピーが書かれたTシャツだったのです。面接官は二の句がつげずにいたということです。

この面接者の態度は物議をかもし出すところですが、ここでこの面接者の緻密に練られた志望動機があるのです。先ずそのビール会社がそういうことをやってもある程度理解を示す柔軟性がある会社だということをリサーチしていた点です。

業種にもよりますが、普通なら面接時に一切口を開かない時点で不採用決定どころか即刻退場を言われてもしかたないところですね。もう一つはその会社の主戦力商品を理解していて当時のCMのキャッチコピーを見事にパロディ化したところです。その会社が社会にアピールしている事を逆手に取ったのですから、面接官はきっと苦笑していたことでしょう。何しろインパクト抜群ですね。

この体を張ったパフォーマンスをすれば大丈夫と言うのは単に幻想にすぎませんので注意してくださいね。あくまで彼の場合は面接会社の社風をよくリサーチしていたのですから。しかし、柔軟な発想であなた自身の言葉で熱く語られる志望動機は合格への近道になるはずです。