面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

志望動機

志望動機の基本

「あなたがこの会社を選んだ動機は?」。。。これは面接において十中八九質問されることでしょう。志望動機は面接官の最も知りたいそして知っておかなければならない回答の一つだからです。

それはあなたの志望動機の内容から入社への意欲が明確になるからです。会社にとって将来戦力となると見込んで育てようとしている人材に入社後すぐに退職されるのが最も回避したいリスクです。人材募集のために時間とコストをかけてきたのが全て無駄になってしまうからです。

と言うことは面接官が最も知りたいこの志望動機をしっかりとまとめておくと他の面接志望者に負けない入社熱意を面接官に伝えることができます。そのことで面接官が抱えるリスクを和らげることに繋がります。ぜひとも志望動機のクオリティは高めておきましょう。

では完璧な志望動機とはどのようなものなのでしょうか?それはあなたには希望する職種への適正があり、その仕事を通じて会社のために貢献できるスキルを具体的に言葉で示せばよいのです。

しかしそうは言っても百戦錬磨の面接官を納得させるだけの志望動機を作ることは思ったよりも大変な作業です。その職種への仕事の内容をあなたがきちんと理解できているかどうかがカギになります。特に未経験の職種については十分な下調べが必要でしょう。そしてその職種への適正をあなた自身が見出せないと志望動機にはなりません。逆に言えば、あなた自身がその職種への適正を自分で判断できなければ、その仕事は向いていないということになります。

更にあなたが選んだその会社はあなたの能力を十分に発揮できる会社なのか?という事も問題になってきます。つまりはあなたがその会社を選んだ根拠はなんなのか?という事です。大企業だからなのか、給料が良いからなのか、企業イメージが良いからなのか、やりたいと思う仕事がその会社にあったからなのか。。。本心はそんなところでしょう。

しかし、これはあなたの情緒的な問題であって決して面接時に志望動機として答えてはいけない事柄です。面接官に伝える志望動機とは、会社の経営理念に共感を覚えた、御社のオリジナリティあふれる商品に魅力を感じた、などその会社でなければならない理由を伝えるほうが効果的です。