面接での対応をどうしますか? 面接で困ってしまう前に確認しておくこと

就職や転職の際に必ず聞かれる質問があります。「自己PR」と「志望動機」です。自己PRとは自分の魅力となるセールスポイントを面接官に訴えることで、志望動機とは自分がその会社でなくてはならない相手の魅力を面接官に訴えることです。自己PRや志望動機が面接官の心に届けば面接は成功したも同然と言えるでしょう。

しかし、一見簡単そうに見える自己PRと志望動機ですが、これらを相手(面接官)の心に響くように伝えると言うことは非常に骨の折れる作業なのです。自己研究や会社リサーチを入念に行い、試行錯誤を繰り返しながら作り上げていく必要があるからです。

やってみると非常に面倒臭いこの作業、うまく出来ても必ずしも就職や転職に繋がる保障もありません。だからついつい市販されている面接マニュアルなどを頼ってしまい、似たり寄ったりの無難な質疑応答しか出来ずに面接を繰り返す志望者が多いのです。面接官は百戦錬磨です。あれ?どこかで聞いたフレーズだな?言い回しもマニュアル通りだし。なんて思われては面接官の心にはマイナスイメージが届いてしまいます。

では、どうやって面接官の心に響く面接をすればよいのでしょうか?ここはひとつ逆手に取って考えてみましょう。面接マニュアルがこれだけ世に広まっているということはとりもなおさずそれだけ利用者が多いということです。

そこでそういったマニュアルにありそうでなさそうな独自性をもった応対をすることが出来れば面接突破の光明は見えてくるはずです。誰かが書いたマニュアル通りの受け答えではなくてしっかりと自分の言葉で伝えることができれば面接官は「お!ほかの志望者とはちょっと違うぞ」とあなたに興味を持ってくれる可能性が高くなります。

要するに志望者としての振舞い方をレクチャーするマニュアルでは面接官は相手にしてくれないと言うことなのです。当サイトでは面接官側にたった質問の意味を探れるような配慮を心がけています。

当サイトで面接官側の心理を理解し、面接時に役立たせてもらえれば幸いです。